家庭菜園を秋から始めるメリット

夏に家庭菜園やガーデニングを始める方が多いと言われています。

しかし、夏は日差しが強いので野菜が日焼けをしやすく、高い気温のせいで虫も湧きやすいので、害虫の被害や病気にかかりやすい季節なのです。

それに夏の作業は熱中症の危険もあるので、これから家庭菜園を始める入門者の方は、秋に始めることをお薦めします。

 

夏場は水分が必要になりますので、できるだけ楽に使えるエックスホースを使用するようにして下さい。

 

秋の家庭菜園で気をつけることは、秋雨前線がもたらす長雨による日光不足です。

晴れている間は、日光が良く当たる位置にプランターを移動させるなどの工夫が必要です。

また、台風シーズンでもありますので、台風が接近してきた時は、苗を支柱に固定し倒れない工夫やビニールやネットで雨風対策、鉢転倒防止対策などを講じる必要があります。

 

秋からの家庭菜園開始は、気候的に涼しく野菜たちのお世話をするのが楽だと思います。

また、夏野菜が種ではなく苗で販売され始める季節でもあります。
入門者の方々は、苗の状態から夏野菜を育て始められるので、比較的難易度の低い家庭菜園を楽しめます。

この点も秋開始をお勧めするポイントの1つです。

 

土、プランター、肥料、そして育てる野菜の苗が揃えば、あとはあなたのお世話次第です。

家庭菜園は手をかければかけただけ、あなたに恩恵をもたらしてくれますよ。

コメントを残す