すっぱすぎて食べられなかったイチゴ

去年の秋、親戚のおばさんからイチゴの苗をいただきました。

我が家の長男がイチゴ大好き!と言うのを義理の両親が話したらしく、苗をあげるから育ててみたら?ということで、イチゴの苗が送られてきました。

イチゴは育てたことが一度もなかったのですが、とりあえず大き目なプランターに苗を植え替えてみました。

イチゴができるんだ!と息子は大喜びでしたが、ちゃんと花が咲いて実がなるのか分からなかったので、あまり期待しない様にしていました。

近所の農家の方に藁を少し分けてもらったので根元が冷えない様にはしていましたが、あとはほぼ放置していました。

雨が降らない日が続いた時に水やりをしていただけだったのに、気が付けば葉っぱが増えて小さな白い花が咲いていました。

白い花びらが落ちると、小さい緑色のイチゴが見えたので感動してしまいました。

そこからは毎日のように息子とイチゴを観察し、赤くなる日を楽しみに待っていました。

だんだんと大きくなり、真っ赤に色付きました。

見るからにも美味しそうなイチゴができたので、息子と半分こにして食べてみました。

が、あまりのすっぱさに2人とも凄い顔に。

その後もいくつかできましたが、最初のいっこがすっぱすぎたので、食べる勇気なんか出ませんでした。

コメントを残す